珈琲工房 ほろにが
トップページ商品一覧送料/配送よくある質問店舗案内お問合わせ

限定販売ゲイシャ種祭り 第一弾 (4月1日予約開始)
 
販売期間は4月16日〜27日迄となります!


※完売致しました。沢山のご注文誠にありがとうございました。

ゲイシャ第二弾は5月1日予約開始の予定です。お楽しみにお待ちください!


世界的にも有名なグアテマラのエル・インヘルト農園です。

初代オーナーであるヘスス・アギーレ・パナマ氏が1874年にこの地を取得し、720ヘクタールの広大な農地でサトウキビ(パネラの材料)やトウモロコシ、豆、タバコの栽培を始めました。

コーヒーの栽培を始めたのは1900年頃でこの頃に農園をEl INJERTOと呼ぶようになりました。

Injertoとはこの地域に自生していたフルーツの名に由来しています。現在はアギーレ一族の3-4世代目によって管理されています。

毎年土壌と葉を解析し土壌と木の栄養状況の把握をすることで、必要としている要素や量を判断し与えております。

こういった管理の成果として木は常に健康に保たれており、また、標高が高い環境から殺虫剤や殺菌剤は必要としていない理想的な農園となっております。

まず、粉に挽いた瞬間からゲイシャ種らしい華やかな香りが広がります。

非常に透明感のある柔らかい口当たりに、ベルガモットや柚子のような柑橘の華やかな風味が感じられ、また紅茶のような味わいも楽しめます。

冷めてくるとシルクのような上質な滑らかな質感が増し、それと共にいつまでも続く甘く心地よい余韻が印象的です。

世の中には沢山のゲイシャが出回ってきましたが流石はインヘルト。洗練さが別次元です。

ゲイシャ祭り第一弾に相応しい上質な味わいで、ゲイシャ種の香味の良さを体感できる素晴らしいコーヒーです。
グアテマラ_エル・インヘルト農園_ゲイシャ種
※完売致しました。沢山のご注文誠にありがとうございました。


50g/ 1280円(税込)







セット
※ご予約頂いたお客様を優先して販売させて頂きます。商品は無くなり次第終了させて頂きます。

マスターのお任せセットでご利用希望のお客様はこちらからお手続きください。

4月16-27日の売り切りになります。

キャンセルの場合は4月15日までにお知らせください。

粉のお客様は4月19日以降の発送がお勧めです。
生産者:アルトゥロ・アギーレ
農園名:エル・インヘルトT(ウノ)農園
所在:ウエウエテナンゴ県ラ・リベルタ
標高:1,50-1,920m
規模:720ha内250haがコーヒー、残りの470haは森
品種:パナマ由来のゲイシャ
収穫:手摘み
精製:発酵槽を使用した伝統的ウォッシュト
乾燥:3日間パティオにて天日乾燥。その後乾燥機(グアルディオラ)にて最高45℃の環境下にて10.5-11%の水分値まで乾燥。
輸送:ドライコンテナ
保管:国内定温倉庫
ゲイシャ種とは!?

コーヒーがお好きな方なら「ゲイシャ」という名前を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

現在、当店で販売している豆は、アラビカ種の中のブルボン種、ティピカ種、パカマ種等となります。ゲイシャもアラビカ種のなかのゲイシャ種となります。正確には種に続くので亜種となります。

ゲイシャ種の生まれはエチオピアの西部のゲシャ(Gesha)とよばれる村、森、谷の名前から来ているという説が有力です。イギリス表記なのか、妖艶な感じがマッチしたのか、現在ではgeisha表記が多いようです。

ゲイシャ種がこれほど注目されるきっかけとなったのは、2004年に開催されたコーヒーの国際品評会に出品されたパナマにあるエスメラルダ農園のゲイシャ種が、これまでにない高値で落札され優勝したことでした。

当時のエスメラルダ農園のゲイシャは衝撃的な味わいでカッピング中に吐き出すのが勿体ないくらいの美味しさだったのを今でも覚えております。

フレッシュな酸味と濃厚な甘み。繊細かつ複雑なフレーバー。
華やかで持続性のある香りと今までにない味わいでコーヒーファンを驚かせました。

その後栽培地は拡大したものの、ゲイシャ種は栽培が難しく収穫量の少ないため、今でも希少価値の高いコーヒー豆であり高値で取引されています。

ゲイシャ種ならば全てが美味しいとは限りません。限られた環境のみでしか、あのうっとりとするような風味が生み出されないのがゲイシャ種の更なる魅力に繋がっているのでしょう。

ほろにがでは、世界の優良農園で大切に栽培された「ゲイシャ種」を限定販売いたします。ぜひこの機会に、世界を驚かせた香味をご堪能下さい。

all right reserved