たまにはシリーズ モカ・キリマンは酸っぱい?の巻き

いつもありがとうございます。ほろにが おすみです*^_^*

ここ数日「うだるような暑さ」と言う言葉がぴったりの陽気ですが、
皆さまは元気にお過ごしでしょうか。
ほろにがは明日12日と13日定休日となりますので、
よろしくお願い致します。

さて今回も【たまにはシリーズ】モカ・キリマンは酸っぱい?のお話を
近所のおばちゃん目線でお話してみたいと思います。

まずキリマンですが、キリマンジャロの略語です。
コーヒーは比較的国名がメインの名前になる事が多いのですが、
なぜか国名では無い「キリマン」の知名度が高い商品です。
「キリマン」と言う名前は知っていても、
どこの国のコーヒーかご存じ無い方もいらっしゃると思います。

キリマンジャロは、タンザニア北東部に位置するアフリカ最高峰の山です。
ですので、生産国名で言えば「タンザニアのコーヒー」となります。
ちなみに「マンデリン」も、生産国名は「インドネシア」です*^_^*

本題に戻り、「モカとキリマンは酸っぱいか」の話になりますが、
答えは「モカとキリマンだけが特別酸っぱいわけではない」といった感じでしょうか。

コーヒーの酸味はもちろんコーヒー豆によって出てくるテイスト(ミカンやヨーグルト等の表現)や厳密に測れば量は違っていると思います。
しかし一般的な人間が感じられる酸味に大きく影響するのは、何といっても焙煎度合いになります。
ハッキリ言って「モカ・キリマンは酸っぱい」と言われる方は、
この基本的な事を理解していない方がほとんどだと思われます。

コーヒーの苦みと酸味はコーヒー豆に熱を加える事によって、
豆が元々持っていた様々な物質が化学変化をおこす事により作られます。

焙煎が始まると一反酸味の素となる成分が増加します。(詳しい成分は省きます)
ですので煎りが浅い(当店では中煎り)の場合は、酸味を感じる味わいになります。
しかし焙煎が進むとそれらは分解が進み減少する為、深煎りになれば酸味が減って来るのです。

端的に言えば

「どのコーヒーも煎りが浅ければ酸味が強い。深く煎れば苦くなる」です。

実際当店のタンザニアは深煎りでの販売になりますので、
酸味よりも苦みの方が感じられる味わいになっています。

エチオピア(モカ)は、中煎り・中深煎り・深煎りと同じ農園のものを焙煎違いでご準備していますので、
もちろんそれぞれ味わいが異なって感じられます。
機会があれば飲み比べされてみるのも楽しいかも(*’▽’)

ではそもそも、なぜ「モカ・キリマンは酸っぱい」が生まれたのか。
あくまでもおすみの考察ですが、やはり以前の喫茶店ブームが大きく影響していると思われます。
残念ながらおすみは「純喫茶」に入ったことが無いのですが、
たぶん多くの喫茶店さんが提供していたモカ・キリマンが浅煎りで酸味が強かったのだと思います。

今ほどコーヒーに馴染みが無かった日本人には、
スッと飲める浅煎りの味わいが飲みやすかったのかもしれません。
また正直な話ですが、コーヒー豆屋からすると深煎りよりも浅煎りの方が儲かります。

焙煎する事によりコーヒー豆の水分が減っていきます。
コーヒーは量り売りになりますので、浅煎りを買って頂いた方が豆の水分が多く残っている為
深煎りを購入されるより微々たるものですがコーヒー屋は利益があがるのです。

当店のような極小店では全く影響はございませんが、今ほどコーヒー屋が多くなかった時代。
数社の大規模コーヒー豆屋にすれば、その微々たるものも何万トン規模で考えれば
決して小さな数字では無かったはずです。
おすみとしては企業さんのなんらかの戦略があったのではないかと考えています(^_^;)


まるで赤い宝石やぁヽ(°◇° )ノ

たまにはシリーズ

いつもありがとうございます。
ほろにが おすみです*^_^*

8月に入り、一気に夏本番の暑さとなってまいりました。
以前は平気だったのに歳と共に暑さ寒さの安全地帯が
随分と狭くなってきたなぁ~と感じております。

室内外の気温差が大変大きくなる季節ですので、
皆さまも無理せず熱中症などには十分ご注意くださいませ(*^ ^)(*_ _)ペコリ

さて自分でも正直おぼろげになっておりますが、
今回は【たまにはお仕事シリーズ】の続きをお送りしたいと思います。

驚くほどコーヒーに関する話題が少ないほろにがのblogですが、
詳しい淹れ方や器具による抽出の違いなども、
他の方が沢山説明や動画をUPされていると思いますので、
詳しく専門的な知識を得たい方はぜひ他をご参考にして頂ければと思いますo( _ _ )o

もちろんご質問等にはおすみやマスターが出来る範囲でご丁寧にご説明させて頂きますが、
おすみのblogでは近所のおばちゃんが気軽に話してるんだなぁ的な感じで
皆さまにもゆるい感じで受け止めていただければ幸いです(^_^;)

さて、前回は酸味に付いて軽くお話させいただきましたが
お客様に珈琲のお好みをお聞きした時に意外と多く聞く言葉が

「あまり濃くないもの」と言う表現です。

まぁどの焙煎でも湯量を多くすれば味が薄まりますので、
「薄い・濃い」で言われると、正直一瞬ウッと思ってしまいます(^^*ゞ ポリポリ

濃いは溶液の濃度表現でしょうし、苦いは味覚の表現ですよね?

今までの経験上 濃い=苦い と言った感じなのかな?と思っているのですが、
濃いと苦いはちょっとチグハグな表現ですよね。

「あまり濃くないもの」と言われた時には中深煎りのコーヒーを試飲して頂き、
それよりもしっかりとした味わい(苦め)か、明るく爽やかな感じ(酸味)がお好きか
お聞きしておススメするようにしています。

投げやりな言い方に聞こえるかもしれませんが、
コーヒーは本当にお好きに飲んでいただければいいな。と思っています。
苦みも酸味も・濃い薄いも お好みは人それぞれです。
同じコーヒーを同時に飲んでも、感じている味は隣の人と違っているかもしれません。

コーヒーを商売としている立場の場合は、
そのコーヒーが持っている香味を正確に感じ取り表現しなければなりません。。
その評価にブレがあるのはもちろん良くないのですが、
ご自宅で楽しむのに正直そこまでの分析は必要無いのではないかと思っています。

今はそうじゃなくてもなんだか難しい事が多いように感じています。
ほろにがのコーヒーを飲む時くらいは難しい事を考えずに、
コーヒーの香りや味をフンカフンカ(*´ω`)と感じていただければ嬉しいです。

インドネシアの農園関係者さんかな?とてもすてきな笑顔(^ー^* )

たまにはお仕事part3

いつもありがとうございます。
ほろにが おすみです(*^-^*)

本日は【たまにはお仕事part3】をお送りいたします。

さて、ほろにがに初めてご来店いただく方にも、
実に様々なレベルの方がいらっしゃいます。

長年レギュラーコーヒーを飲んできて自分の好みを知っている方。
何気なく飲んできたけど、これと言ったこだわりも好みもあまりない方。
レギュラーコーヒーに興味を持ったばかりの方。
マニアックで知識もあり、それを披露したり店主を打ち負かしたいと
思ってるのかなぁ~という好戦的な方。

お客様は千差万別で、好みも本当にそれぞれです。
ほろにがに何度かいらっしゃった方の好みは徐々に認識できるのですが、
初めてのお客様はお互い手探りの状態となっています。

ほろにがでは時間のある時は、一組一種類ですが
試飲をお入れいたしております。
ご来店いただいたお客様にお好みをお聞きするのですが、
そこで多く聞かれる言葉は

「酸味があまりないもの」
「酸っぱくないもの」

というのが圧倒的に多いように感じています。
酸味・苦みなど味の感じ方は本当に人それぞれですが、
良質でフレッシュな酸は「すっぱい」という表現にはならないのになぁ。
と残念に思うことがあります。

コーヒー豆は過熱していますので、
時間がたてば酸化して酸味が出てきます。

レギュラーコーヒーに対して鮮度や保存方法など意識が低かった時代
小さい頃の我が家(おすみ実家)では
「レギュラーコーヒーは、お客様が来た時にお出しする」
そんな特別な飲み物として扱われていた為、
暖房の効いた茶の間の茶箪笥に長期間保存(ほったらかし)状態でした。
きっと酸化して、さぞかしすっぱいコーヒーになっていたでしょうねぇε=(´o`;)

「すっぱいのが嫌い」というお客様の中には、
そんな保存状態の悪いコーヒーを飲んで酸味は嫌い!と思われた方も
実は多いのではないかなぁと思っています。

良質なコーヒーの持つ酸は、クリーンでイキイキとしています。
お酢のような酸や刺激のある酸とは全く異なります。
普段深めのコーヒーを飲まれている方は
ご自身で購入されるのは ちょっと抵抗があると思いますが、
もしほろにがにお越しいただける機会がありましたら
ぜひ試飲で一度試されてみたら面白いと思います。

以前苦手だと思っていたものが、実は平気になっていたりします。
色々試してみて「やっぱり深めのコーヒーが好き」もちろんOKです!
ただ「私は酸味が苦手な人なの」といつまでも思い込んでいる方は、
本当にもったいないと思います。

コーヒーの世界も日々変化しています。
数十年前に比べ日本に入ってくるコーヒーの品質も格段に上がっています。

ぜひ色んなコーヒーを、自由に楽しんでいただければ良いな。
そんな風に感じています。

愛・・Eye

いつもありがとうございます。
ほろにが おすみです*^_^*

本日は連休明けという事もあり
沢山のご注文・ご来店を頂き 誠にありがとうございました。

さて、今週のほろにが連休ですが両日焙煎したり、
資材置場の草をむしったりして過ごしました。

資材置場には定休日位しか行けないので、
雨が降って日が照れば あっという間に草に覆われてしまいます。
あれ?先週ここは刈払機かけたよね??と、自分の記憶を疑う位
たった1週間程度ですごく大きくなっていて、まさにイタチごっこε=(´o`;)

これからは暑さも厳しい中の除草作業となりますが、
マスターの名言

「俺がやられるか・草がやられるか」を

実感する季節になってまいります。
今年はコロナの影響で畑仕事や園芸を始められた方も多いかと思いますが、
暑くなる時期は「切りのいいところまで」なんて考えていると
熱中症になる危険も多くなりますので十分お気を付けくださいませ。

今回はマスターの大好物「みょうが」が収穫出来ました!
小さい頃はどこが美味いんだか、さっぱり分かりませんでしたが
歳を重ねてからは、みょうがが出回ると夏が近づいてきたなぁ。と
感じられるようになりました。

若いころ苦手だった食べ物も、今食べると美味しく感じられるものも
多いですよね。

コーヒーもそういった一面があると思いますが、
それはまた次回のお話で!

そういえば、みょうがってどうやって生えてるのか
見たことない方も多いのではないでしょうか?


地面から白く生えているのが みょうがです♪

私もなかなか探せないのですが、「みょうが愛(Eye)」を持つマスターは
みょうがの気配を敏感に感じとることが出来るそうです。
最近は暗闇でも熟した果実を選別できる「いちぢく愛(Eye)」も覚醒しました!

「家族(Eye)」覚醒まではまだまだ時間がかかりそうですかねσ(^_^;

各地で大雨による被害が出ていますね。
少しでも早い復旧を心より願っています。

金色の野

いつもありがとうございます。
ほろにが おすみです(*^-^*)

前回のほろにが日記。
マスターの「続く」で終わっていたので、
次を心待ちにしておりましたが続編まだですかねぇ。。。

おすみも皆さんと同様に、
マスターのブログから情報を得ることも多いのです。
コーヒーの知識はもちろんの事、はぁ~私の事そんな風に思っていたんだ。
と知ることもあります。

まぁ大体、私は悪徳【社長】で悪妻なので、
良く書かれることはまずありませんけどσ(^_^;

さて、ほろにがの近辺では麦の刈り取りが終了し
田んぼにナミナミと水が張られ また違った景色になってきました。
可愛い稲が田んぼで揺れている姿も可愛いのですが、
刈り取り前の麦の金色がとっても美しいのです。

皆さんにご紹介しようと思っていながら遅くなってしまいました(^_^;)

毎年この景色を見ると「風の谷のナウシカ」の

その者蒼き衣を纏いて金色の野に降りたつべし。

という言葉を思い出します。
風がある日は金色の穂が風になびいて、本当に金色の波のようです。
秋の米の実りも綺麗なのですが、稲の金色とはちょっと違うんですよねぇ。

明日は土曜日ですが、おすみは息子の部活送迎の為不在となりますo( _ _ )o
強い先輩方なので、週末はほとんど遠征となり車出しが回ってきています。
マスターひとりでの営業となり、ご不便とご迷惑おかけいたしますが
どうぞよろしくお願いいたします<(_ _)>