忙しいのだか暇なのだか

こんにちは。ほろにが従業員のMASTERです。

3連休明けの月曜日。お元気でしょうか!?

連休中の当店は、忙しいのだか暇なのだか暇なのだか急がしいのか。。。

そうだ!発送業務が少ないのだ。

という事で、お出かけされた方も多かったのではないでしょうか。

最近、3連休多くない!?と思いカレンダーを確認してみたら、12月も1月も連休があるではないですか!

子育てや介護をされている人には休みは無いのでしょうが、お休みが多いですね。

酷暑の時に長期夏休みとかのほうが良いと思いますが、このような行楽シーズンにお金を使って景気を良くするという狙いもあるのでしょうかね。

当店は焙煎やら準備やらでなかなか休みが無いのですが、畜産業やコンビニの経営されている方は比べ物にならない位に大変でしょう。

サラリーマンの方も満員電車や渋滞にはまりながらの出勤も本当に大変でしょう。

そう考えると、もうチョット自分も頑張らないといけないと反省する次第です。

そんな訳でして、今年も福袋をする事にしました。

DM便のみが年末年始の配送調整しそうですので検討事項ですね。

素晴らしい豆も続々入荷中です。お楽しみにお待ちください!

勤労感謝

こんにちは。ほろにが従業員のMASTERです。

日増しに寒さが増してきておりますが、体調を崩されておりませんでしょうか!?

どうやら本日は、「勤労を尊び、生産を祝い、国民がたがいに感謝しあう日」という事です。一般的な労働者は感謝される日なのですね。

私は、今月に入り平日・定休日は都賀古屋に住み、土日祝祭日は店でしごとをしております。

倒木の片付け&お隣さんに侵食する竹の伐採が主な仕事です。

View this post on Instagram

本日は晴天なり! 伐採日和なり!

ほろにがさん(@horoniga3)がシェアした投稿 –

篠竹を3000本位伐採。

5メートル級の木も3本伐採。

7メートル級の孟宗竹も30本位伐採。

竹で覆われていた使用不可能な土地も200坪位出現しました。

開拓者として言える事は、広い土地で農作業をしながらのんびり過ごすのは300坪以内が最適だと思いました。

都会で300坪所有なんて難しいですが、300坪の土地が買える位の田舎もこれはまた近所付き合いが難しいものです。

開拓中は孤独?楽しい?危険?な作業ではございますが、時折散歩中の近所のお婆ちゃんに話しかけられたリ、隣のお婆ちゃんに呼ばれてお茶を飲んだり焼き芋を貰ったりしております。

暗くなると作業を止めて古屋で晩御飯を作ってテレビを観て読書して。暗くなると仕事が出来ないと言うのが素晴らしいです。

収入になる。収入にならない。どっちにしても汗をかいて1日1日を精一杯過ごすのは充実感がありますね。

青い空や紅葉や夕暮れを見るだけで、自分よく頑張ったと褒めたくなります。

周りの人は、木なんか切ってないで仕事しろよと思っているでしょうが・・・。

もうそろそろ

こんばんは!ほろにがおすみです*^_^*
早いもので11月も下旬を迎えましたね。
比較的暖かい秋を過ごしておりましたが、
今朝は随分と冷えておりました。

週末の連休も気温が低くなるようですので、
お出かけの際などは防寒にも十分お気を付け下さいませ(*^ ^)(*_ _)ペコリ

さて、昨日は月に一度の「お花教室」に行って参りました!
先生がプリザーブドフラワーをメインに、
季節に応じて色々なテーマの器を準備してくれます。

基本的な技法は教えてくれますが、
お花の配置やアレンジなどは生徒の自主性に任せてくれています。
全く同じ材料のはずなのに、出来上がりはその人の個性が出て
とっても面白いです♪

おすみが今回選んだテーマは「お正月飾り」
来年のラッキーカラーは、赤・白・ゴールドという事で
パッと華やかな色合いのアレンジが出来上がりました。

鉢をうまく隠すと、クリスマス飾りでおかしくないようなので
早速お店にも飾ろうと思います(^ー^* )

お正月にクリスマス。。。。。。
うぅ~、年末に向けて年賀状の準備やギフト用の資材の在庫確認。
福袋の企画も詰めていかなければε=(´o`;)

師走の由来はお坊さんが忙しくて走り回るという一節もありますが
おすみも重い腰を上げてドスドスと走り回らなければなりませんね~(^^*ゞ ポリポリ

明日からの三連休は、もちろんお休みなしで営業しております!
お時間のございます時には、ぜひお立ち寄りくださいませ\(^^)/

ミャンマー/ユアンガン

こんにちは。ほろにが従業員のMASTERです。

本日も沢山のご来店誠にありがとうございました。

ミャンマーの商品ページアップいたしました。

紹介文のテニオハは後日修正します。取り急ぎ商品が購入出来るようにカートは設置いたしました。

生豆の多くは輸入の際に、グレインバッグ(穀物用袋)で密封されて入荷します。真空パックの商品も多いですが。

開封して徐々に味わいが変化する場合もございます。ワインや日本酒のように空気に触れて香りが開くような感じでしょうか。しばらくは味の変化も要注目です。

ミャンマーまずは店頭販売で!

こんにちは。ほろにが従業員のMASTERです。

先日入荷致しましたミャンマーの豆を焙煎してみました。

サンプルローストを行い、イメージを作り試しに本釜で焙煎となります。

当然、時間を空けて何度も味をチェックしますし、味の均一性をみるのに同じロットを5カップくらい同時に抽出して香味のブレをチェックします。

思っていたよりも数段良い出来です。良かった。まずは、店頭で販売開始しようと思います。

ミャンマーのシャン州ユアンガン郡区にあり、北緯20度近辺で一般的にコーヒーの栽培としては北限にあたり、標高:1,400-1,600mとこの緯度では限界標高と推測されます。

チョコレートかココアのような風味にナツメグがディーツ、干し柿のような風味もあります。

東南アジアによくみられる優しくかどの無い酸は、ストレートコーヒーはもとより、ブレンドに上手に使うとより輝ききが増すような予感です。

コロンビアやペルーにコスタリカにグアテマラ。世界のトップレベルの素晴らしいコーヒーが楽しめるのに、何を理由に超ハイリスクのミャンマーに手を出すのか。

そんな愚門を言ってはならない。「変わったのが欲しい」という要望があるからであり、目当たらしいものを探すのだ。お客様を飽きさせないのが商いだ。上手に作文を書くのだ。売るのだ。

ま、その他にも重要な理由もあり「美味しさ」+「α」のコーヒー産地を育てなければなりません。

コーヒーの世界ではトヨタや日産やホンダなどの世界を代表とする自動車メーカーがあるのに、韓国のヒュンダイ(現代自動車)を欲しが人が多いのです。

多少お金に余裕があったら、メルセデスやポルシェやフェラリーになりませんか?普通は。どうしてわざわざ韓国の自動車のソナタを欲しがるのですか?

韓国のヒュンダイ(現代自動車)よりは、トヨタやメルセデスやポルシェの方が失敗する可能性は低いですよ。と思いますが、それは余計なお世話ですよね。ニーズを掴むのは、なかなか難しいです。