コーヒーの味が違う!-2

こんにちは。こんにちは。ほろにが従業員のMASTERです。

あれ!?いつもとコーヒーの味が違う! のつづき。

皆さん、原因がわからないから対策が出来ない。または間違った対策や判断をするのです。

私が美味しくないと思った場合は最初に自分の味覚を疑う。

一般のひとよりは数百倍、数千倍もの経験がありますが、まずは自分の味覚から疑うのです。で、白湯を飲む。

だいたい狂っているのは自分の味覚ですからね。

ただでさえ、カッピングスキルも訓練もされていない人が、美味しくない原因を探るなんて至難の業なのです。

それなのに、自分の味覚を疑う人はあまりにも少ないのです。これには参る。

まずは、自分の味覚を疑う。白湯が白湯の味わいに感じられたら味覚以外に原因がありそうです。

美味い豆はコーヒーメーカーでも美味しいので、コーヒーメーカーで淹れてみる。

これで美味しくなければ、豆が悪いのか、豆は良くても好みに合わないのかになります。

コーヒーの品質をしっかりと判断できる人は残念ならが少数です。

非常にクオリティーの高いコーヒーを飲んでも、美味しいと言う人は多くないのです。

美味しければ何でもいいよ!という人も良くいますが、美味しさ(クオリティ)を理解できない人が多いので、何をもって美味しいと言うのか売る方も大変なのです。

それでも、コーヒーの好みは人それぞれ。自分の好みにある飲み方や豆や方法を探して頂けたらと思います。

良い豆を使えばコーヒーメーカーで淹れても十分美味しいです。これが出来なかったらハンドドリップでも美味しく淹れられるはずはありません。

オートマ車でスーパーの駐車場に入れられないのに、マニュアル車で上手に駐車場には入れられません。(年寄りと変わり物を除く)

簡単な事を難しく言うと喜びますが、コーヒーを入れるのなんてスーパーの駐車場に車を入れるのと同じくらい簡単なのです。慣れればね。←ここ最重要

まずは、経験ですよ。簡単なものです。

コーヒーの味が違う!

こんにちは。ほろにが従業員のMASTERです。

あれ!?いつもとコーヒーの味が違う!

コーヒーを飲んでそう感じる時があると思います。

ここで、人間性とか性格とかが垣間見えます。

一番多いのは、あれ!?何だか不味いな。あぁ、この銘柄か。私この銘柄好きじゃないのだな。もう買わないでおこう。とか、あの店は何だか不味くなったな。手を抜いたか!?と、豆や店の問題にする自信満々タイプ。

次に多いのが、あれ!?今日のコーヒーはあんまり美味しく無いなぁ。淹れ方がダメだったのかしら。という技術でカバーしようとする職人派タイプ。

最後は、あれ!?今日は何だか美味しくないなぁ。きっと体調が悪いのかしら!?食べ物の相性もあるよね。という納得派タイプ。

可能性は全てあるのですよ。豆が不味い場合もあれば、淹れ方がミスった場合もあり味覚が変な場合もございます。

特に、春先は花粉の影響を受ける人も多く、喉がイガイガしたりする場合も多くございます。

全てに言えるのは、今日のコーヒーは好みじゃない。

で、原因は何か?

つづく

明日から。

こんにちは。ほろにが従業員のMASTERです。

日増しに暖かくなったので、久しぶりに朝6時に起きて焙煎をしに行っていました。

以前は真冬でも4時か5時位に起きて焙煎に言っていたのですが、我が家は車庫が無いので寒いと車の窓が凍るのです。

その為、窓ガラスを溶かすスプレーをするのですが、真冬は寒いのでまた凍るのです。

走っていてもフロントガラスは凍っているし、寒いのでエンジン回転数は高めで維持されるので燃費は悪い。効率が悪いのです。

そして焙煎機のチャフ(薄皮)を取り出すサイクロンは水冷仕様ですので水道が凍ると使えない。その為、冬は9時過ぎになってから焙煎をするようになりました。

当然、通勤ラッシュの時間帯は避けます。無駄な時間をかけたくありませんから。

夏場でしたら真夜中の信号機が点滅の時に焙煎所に行きたい。信号で待つのはやはり無駄。

このようにして無駄な時間を削っております。このようにして時間を作って、営業中に庭で花の剪定や水遣りなんかをしているのですが、自営業って自由そうで良いなぁと思われます。

確かに良い所もあります。何時間仕事しても早朝からでも夜中に仕事をしても怒られません。

「明日できることは今日やらない」

賢い人が言うとその通りだと思うけど、世のなかそんな賢い人は一握りなのですよね。

凡人が、明日で良いかといつでも思っていたら、いつまで経ってもその仕事は終わりません。

「子供をのびのび育てましょう」

賢い親がそれを実践したのと、凡人がそれを実践したのでは結果が異なります。

持って生まれた遺伝的優越も絶対にあります。親ののびのびの解釈も異なります。

そんな訳で、出来る事は出来るだけ本日中にやるべきです。

私も、これを機にダイエットを明日から始めたいと思います。(いつまで後回しなんじゃい!?)

ちなみに、今回のダイエットは食べて痩せるダイエットです。

Amazonで購入したのでお値打ち価格でかつ、カロリー消費も無駄がございません!

食べるのが飽きないように、これからドンドン調味料の種類も品質も上げていこうと思う。

冷蔵庫には多くの常備菜が待機している。これからも手加減しないぜ!

料理とダイエットの両立だ!(そんなの出来んのかよ!)

(´-`).。oO(本当に痩せる気がねえんだんぁ)

新発売!

こんにちは。こんにちは。ほろにが従業員のMASTERです。

今日は寒の戻りとなりましたが、皆さん体調を崩されておりませんか!?

明日も全国的に寒い予報が出ておりますのでお気を付けください。

さて。昨晩夜なべし夏のコーヒーをリリース致しました!

まずは、水出しアイスバッグ。

コーヒー豆の味わいを存分に楽しんで頂きたく、前回よりも若干浅めにローストし、上品なで奥行きのある味わいに仕上げました。

コーヒー豆を10%増量し透明感がありながらも豊かなコクが楽しめます。

だいたい、こっそり量を減らしてお値段据え置きが当たり前の世の中に、量を増やしてお値段が据え置きと何とも太っ腹な対応です。

味わいは人それぞれ好みがあるでしょうが、美味しいコーヒーをお届けしたいとの思いで作成した小作人の心構えが大変素晴らしいと思います。友人・知人を始め、親戚にもお伝えください。買ってね!

次いでご紹介は、特濃ブレンド。当店で最も深いローストになります。
アイスコーヒーやカフェオレ等にも向くコーヒーです。

ここまで深くローストしても刺すような強い苦みがなく、滑らかでダークチョコレートのような味わいは、天才(自称)焙煎人のセンスが光る逸品です。

湯温85℃位の温度でじっくり抽出すると、チョコレートシロップの様な甘さと口当たりが楽しめます。わかるかなぁ、わかんねぇだろうなぁ―(冗談です)

最後は、クラシックブレンド(旧アイスコーヒーブレンド)です。苦みは特濃ブレンドとプレミアムブレンドの中間です。

アイスコーヒーブレンドと書かないとアイスコーヒーには向かないように思われ、アイスコーヒーブレンドと書けばアイスコーヒーしか飲めないと思う方が多く難しい位置づけですが味わいは素晴らしい。

爽やかな苦みのアイスコーヒーがお好みの方にお勧めです。こちらのコーヒーも湯温85℃位でじっくりと時間をかけて抽出しアイスコーヒーにしてみてください。透明感がありながらも滑らかで豊かなコクのあるアイスコーヒーが楽しめます。

アイスコーヒーを作る場合は、淹れたてのコーヒーを氷の中に急冷するのが通常レシピですが、一般家庭の冷凍庫で作る柔らかい氷でしたら、粗熱を少しとってから氷に入れた方が失敗しません。

だいたい、家庭で作った氷でアイスコーヒーを急冷して作ると、シャバシャバで残念な味わいになる事が多いです。

もう一つ大切な事は、アイスコーヒーを作る場合は2倍の濃さを意識してください。冷たい飲み物は味覚も麻痺しやすいので、過抽出くらいの抽出でも大丈夫です。濃い目に淹れて氷で冷やすです。

当然ですが、良い豆を使って美味しく作る場合の話ですよ。

近日発売。

こんにちは。ほろにが従業員のMASTERです。

ここ数日、初夏を思わせるような日差しになったりしており、アイスコーヒーのお問い合わせも沢山頂いております。

毎年、問合せがあるのでその前に告知をすれば良いのでしょうが、毎年同じミスを繰り返しております。申し訳ございません。近日公開です。

アイス系の味わいにつきましては最終段階まで決まっております。

あとは、商品を作ってホームページを作ってほろにが便りの文面やレイアウトして印刷してラベルの準備です。

ほろにが便りのA4の紙に体裁よくわかりやすく校正するのは非常に時間がかかる。

おそらく、半数以上の人が近くの文字のピントが合わない世代だ。これ以上文字も小さくは書けない。

仕事の内容では、ブレンドの配合をするのも、焙煎をするのもあっという間に出来るのです。それ以外の事務処理が膨大な訳でして、その裏側の処理がままなりません。

日記を書く時は、もう仕事が進まずに嫌になって気分転換に書いております。読んで頂いている方には申し訳ないが、行き詰っています。

店を完全に閉めて、通販専用の店にすれば効率は格段にあがります。

通販のお客様には通販の良さがあります。しかし、来店のお客様にはやっぱり通販では味わえない良さも沢山あります。

要は時間だ。どのように捻出して効率よく使うかにかかってる。

仕事に追われると、コーヒーを楽しむ事すらままならないのだ。

時間との戦いだが、一向に効率が上がらん。参ったな。