膨らみ

こんにちは。ほろにが従業員のMASTERです。なかなかエンジンがかかりません。

心の準備は整いました。あとは行動あるのみ。

とは言え、本日は社長はcafe la familleさんでの出張販売ですし私は珍しく仕事ですしなかなか進みませんなぁ。

最近、新規のお客様のご来店が多くございます。コーヒーの説明なんかも一応したりしいます。コーヒー豆屋なのでね。お好みに合いそうなものをご提案したり農園の様子や味の違い等々。


よく、スーパーで買った豆が膨らまないけどどうしたら良いのか質問をうけます。

膨らますためには鮮度が良い事と、なるべく深めに焙煎してあるものを選び90℃以上の温度でドリップすれば膨らみます。

膨らむと嬉しいです。

膨らむと何だか淹れ方が上手になった気になります。

膨らまないと、意地でも膨らませようと端っこまでお湯をかけたり余計な事が始まります。

そして、終始膨らませることに専念したりしちゃいます。このレベルだと圧倒的にコーヒーメーカーの方が美味しく淹れられます。

膨らまない豆を入れるのは技術がいるのです。豆の良し悪しを判断したりしますが、淹れる人に問題がある場合も多いのです。

コーヒーは不味くても膨らみます。美味しそうに見えても不味いものは不味いです。

コーヒーは膨らませて楽しむ飲み物ではございません。でも、膨らむと何だか嬉しいものです。

膨らみ” への2件のコメント

    • ハンドドリップを楽しもうとすると、ミルだったりポットだったりとチョッとお金が掛かっちゃうんですよね☆

コメントは受け付けていません。