雲南省のコーヒー

こんにちは。ほろにが従業員のMASTERです。

ここ数日、ご縁があったお客様から頂いた、コーヒーのチェックをしております。

中華人民共和国雲南省に位置する普ジ(サンズイに耳)市(ふじし,プーアルし)のコーヒーです。

プーアル茶で有名な町のようですが、コーヒーも積極的に展開しはじめました。ネスレやスタバも最近積極的に介入しております。

その他、バナナや花の栽培を始め、多くの企業が参入してきているようです。

味わいとしましては、なかなか好印象でした。失礼ながら期待値が低かったので余計にそう思ったものかもしれません。

自動車に例えると、現在のケニアやコスタリカは、1000~2000万円のメルセデスやポルシェのようなクラスのコーヒーです。

コーヒーなので、1杯あたり100円未満で楽しめますがかなり高級な部類に入ると思います。

では、今回の中国のコーヒーを自動車に例えると・・・。200万円位の自動車クラスでしょうか。もう少し上かもしれません。良いサンプルでした。

確かに1000万の自動車と比べると見劣りはします。しかし、必要十分な味わいでは無いでしょうか!?(当店ではたぶんシングルオリジンでの販売はしないと思いますが。。)

ブラジルをはじめ馴染みのある国々はインフレでコーヒーが高騰する中、新しい産地が徐々に開発されております。

タイ、ミャンマー、ラオス、ベトナムなど、コーヒー生産の後発組のクオリティーの向上が期待されます。

このエリアのコーヒーはまだまだ一般大衆車レベルです。コモディティコーヒーです。しかし、10年後あたりには、どこかのエリアでトップスペシャルティのコーヒーが栽培されているかもしれません。

そんなコーヒーが出てくるとはまだ誰も思っていないと思います。当分使用予定はございませんが、想像するととっても楽しみです。

また、そこまでぶっ飛んだクオリティを求めなくても、「この価格でこの味わいなら納得だよね!」と、言って頂けるような商品が出てくるのではないかと思っております。

いずれそのような時代が来ると思っております。そんな時代が来ましたら、ご紹介させて頂きたいと思います☆

10年後くらいの話になるのでしょうかね!?

Share (facebook) 

水出しアイスバッグ

こんにちは。ほろにが従業員のMASTERです。昨日より販売開始しました水出しアイスバッグ。いろいろ試作しまして、自信をもって販売を開始いたしました!

はい。土曜日の夜中にHPで購入できるようにアップしました。注文は受けられるのですが、販売する為のパックはまったくしておらず、注文がきたらどうしようか?これってずいぶんな見切り発車だよな。日曜だし来客も多いだろうし出荷も結構な量を頂いてるし・・。間に合わないよな・・。

と、真夜中に自分でサイトをつくりアップをしておきながら、かなり不安な状況で床に就きました。しかし、そんな不安も物ともせず、親父ゆずりの気の小ささのお蔭で落ち着いて寝てられず、すげぇ早起きして水出しアイスバッグの作成を行いました。。。

DSC_1170

社長が寝ている間にHPを作成して、社長が起きる前に水出しアイスバッグが完成しているという素晴らしい従業員。いや、もしかしたら社長の社員教員が凄いのかもしれない。

先日より目が腫れてどうしようのない時に、病院をはしごして連れて行ってくれた社長。一刻もはやく従業員が仕事復帰にと必死に働く社長。社長はやり手ですね。。。はい。イヤ、頭が上がりません。こんなに簡単に人をコントロール出来たら人生が楽しいでしょうねぇ。羨ましいです。

最近、ブルーのコーヒー屋さんが行列を作ってるそうですね。そしてブルーの星のドーナッツやさんも行列が出来ているそうです。

社長ほどの実力があるのなら、もう少しこのような店を見習ってプロモーション活動を頑張ればとも思いましたが、すべて私の仕事に跳ね返ってきてしまいますので、今くらいのお仕事の量にチョイとプラス位で推移で十分満足することにしました。

そうそう。個人的にはタコベルのほうが気になります。明日オープンですね。一度食べれば良さそうな気がしますが、タコスを提供する店は少ないと思うんですよね。もし、近くでお勧めのお店がありましたら教えてください!

Share (facebook) 

ルワンダ・ニャミヤガ(深煎り)

こんにちは。ほろにが従業員のMASTERです。お待たせしたしました!ルワンダ 深煎りの準備ができました!

中深煎りにしようか迷ったのですが、どちらのローストもルワンダらしさが楽しめましたので、深煎りにしてみました。


飲みやすいコーヒーと評価される方も多いのですが、酸の質が青リンゴのような凛とした味わいで印象的です。

ミディアムボディーで繊細な味わいを壊さないように、苦さを感じないギリギリの所を攻めての深煎りです。焙煎は結構難しく神経も使います。素材が良いだけに美味しく仕上げたいと思っております。

深煎りですが清らかで上質な酸が楽しめます。と、言う訳でして酸っぱいのがキライです!という方には難しいかもしれません・・。香りや甘さや心地よい余韻などを楽しむコーヒー上級者向け(何をもって上級者なのかわかりませんが(笑)のワンランク上の味わいです!

深煎りがお好きな方も、中深煎りがお好みの方も是非是非お試しくださいませ!豆でご購入された方には、ポテト保険としまして10パーセント増量して送りいたします。


Share (facebook)