ペルー・フェスパ農園

こんにちは。ほろにが従業員のMASTERです。昨年大好評頂きましたペルー・フェスパ農園リリース致しました!

中煎りはこちら
深煎りはこちら

なんと、今年は100gあたり740円→680円と昨年よりもお求めやすい価格でご紹介です!

理由は!ほろにが便りに印字ミスがあり、680円と記載してしまったからです(´・ω・`)

超絶美味しいコーヒーですので是非是非お試しくださいませ。

農園名:フェスパ農園所在:カハマルカ県ハエン郡ウワバル地区ウアコ生産者:ウィルダー・ガルシア標高:1,700-2,000m生産量:170袋程度農地:11ha農地栽培品種:カトゥーラ、ブルボン、ティピカ収穫:完熟チェリーを選択的に手収穫精製:発酵槽を使用したウォッシュト乾燥:ビニールテント付の乾燥棚ドライミル:脱穀⇒風力⇒スクリーン⇒比重⇒カラーソーター

珈琲工房 ほろにがさんの投稿 2016年3月24日

それにしても、生豆の高騰はとまりません。というか、更に美味しさを求めてますので価格が上がるのは仕方が無いのですがね・・。

近年のコスタリカなんかはビックリするような香味に仕上がってる商品が増えてきました。

時代は大きく変わりました。一部の能力の高い農園では、更に美味しいコーヒーも栽培できるようになったと思います。

問題は、幾らまでなら消費者が納得してもらえるか金額の問題になってきました。

盆と正月しか楽しまないのならある程度高くても大丈夫でしょうが、当店のお客様は毎日楽しむ。日常の一部としてコーヒーを楽しんでいる方が多いです。

そんな訳でして、生豆の価格は高騰しておりますが、価格転嫁は穏やかにしてありお財布に優しい値付けを心掛けております。

が・・。

来季のマンデリンは超絶価格になる可能性が高いです。是非今のうちにお楽しみください!マンデリンは他には代用できない香味ですのでご理解の程よろしくお願い致します。

Share (facebook) 

コーヒー豆販売予定

こんにちは。ほろにが従業員のMASTERです。コーヒー豆の入れ替えの季節です。

まずはケニアの豆が新しくなりました。840円(カラツ)→740円とお求めやすい価格になりました。在庫は少なめですので是非一度お試しくださいませ。

FullSizeRender

そして残念ではございますが人気のルワンダか残り僅かになってきました。ポテトの問題もあり増量したり手間も非常に増えて問題児のルワンダなのですが、味わいは素晴らしく無くなると寂しく感じます。もう、ルワンダは一生販売するのは止めようと毎年思うのですが、どうしても飲みたいコーヒーなんですよね(苦笑)

ペルーのブルボン種が少なくなってきました。今後は、同農園で栽培されたブルボンとカツーラの混合のロットに変更します。味わいはブルボン種と同様に良い出来ですが、お値段は若干お安くなりますのでご期待ください!

コロンビアの深煎りも変更の予定です。が、コロンビアの深煎りに向く豆探しに時間がかかっております。いつもの事ですが困りました。

数種の南部の豆をチョイスしてあるのですが、予定していた豆がちょっとビターに感じるのです・・・。もう少し浅めに焙煎して調整するか他の豆にするのか迷いどころです。

コロンビアの中煎りで販売しているモンテボニートは深煎りでも美味しいのですが、こちらも在庫が少ないので使えません。今年はコロンビア祭りで行きたいのでなんとか調整してみようと思います。あぁ。迷路のようだ。あぁ、どうしよう。もう少し迷ってベストを目指して頑張ろうと思います。

その他、エチオピアのナチュラルもマンネリ化してきてしまったので、一度販売を中止しようか悩み中です。エチオピアのナチュラルと言えば「禁断のアイスコーヒー」のご要望を沢山頂いているのでこちらは時間が出来次第焙煎したいと思っております。

水出しアイスバッグのご注文も予想を上回るオーダーを頂いております。

思うがままにつらつらと書いてしまいましたが、この猛暑の中ご注文ありがたい限りです。皆様の期待を裏切らないように、より良いコーヒーをお届けできるように頑張りたいと思っています。

Share (facebook) 

ペルー・コロンビア販売です!

こんにちは。ほろにが従業員のMASTERです。コロンビアの深煎りとペルーの中深煎りをリリース致しました。

通常、ほとんどのストレート商品を620円で販売致しておりますが、今回はごめんなさい。無理でした。

どうしても今まで以上の美味しさをご紹介したくて(いや。自分が飲みたくてなんですが・・・)通常の価格では収まりませんでした。すみません。。。

コロンビア・ペルーとも、100gあたり740円となりますが、お値段以上の美味しさを楽しんで頂けると思いますので、是非一度チャレンジしてみてください。

どうして、お値段以上の味わいなのか!?

理由1.今回のコーヒーは最良の地で最高の技術者が作り上げた生豆だからです。

理由2.お値段以上の味わいがあると自信をもって販売したからです。

理由3.通常よりも高価な物を手にした場合、真剣に味わったりします。

理由3なんて理由になってないぞ!と叱られそうですが、意外と先入観って大きな影響があります。

例えば、グアテマラのサンタカタリーナ農園は、いろんなロットを販売致しております。どのロットも素晴らしい生豆に仕上げてきますが、その中でも滅茶苦茶こだわったロットがございます。「NO5」という名で高額に販売した豆ですが、その時は非常に反応が良かったです。

そのNO5は販売終了後もチョイチョイNO5登場しております。ひっそりと。。。私が忙しくて、HPを作り変えないので通常価格で販売しておりますので、滅茶苦茶お買い得なコーヒーなのですが、
やっぱり、「ON5」「特別品」と明記してやや高額な値段設定の方がお客様の評価もリピート率も高いです。

結論。高価な物は良いと感じやすいのです。それが本当に価格に見合う商品だったら尚更です。今回の2種は派手な香味ではございません。正統派のマイルドタイプです。上質な味わいでバランスが素晴らしいです。是非、一度おたのしみください!

Share (facebook)