マイバッグ

こんにちは。ほろにが☆パート従業員のMASTERです。

早いものでもう11月ですね。

一日の大半を半袖で過ごしているのですが、若干恥ずかしい季節になってきました。

さて、レジ袋の有料化が義務化されて4ヶ月。

自前の袋を持ってきてくれる方も徐々に増えております。

レジ袋は有料ですか!?と聞かれた回数は数回位でしょうか。あまり皆さん気にされないようです。

ちなみに当店は無料です。3円5円頂くのにいちいち了解をとる時間の方がコスト高だからです。

例外で、レジ袋が有料の場合は自前の袋で、袋が無料ならば店の袋に入れてもらう人もおります。面白い。

私の買い物の場合は、小さいものはすべてテープ(お店で会計した証のもの)でOKですし、食品は絶対にマイカゴ派です。

沢山購入した食品をわざわざ会計積みのカゴに入れて、さらに会計後に入れ直すなんて考えられない2度手間です。

ずーと前からカゴを持参して、会計の時にそのカゴに入れてもらう。

冷凍食品だけは保冷バッグを用意してそちらに入れる。

食品の移動回数も減れば痛みも少なくなるし効率も良くなる。どうしてこんな簡単な事をみんなしないのか不思議でなりませんでした。

袋代が5円。高いのか安いのか。チップが無く過剰なサービスを求める風潮の日本では、何だか細かくて気難しい人種に感じますね。

コンビニからお弁当とジュースを抱えて出てきた人がいて、どうして袋に入っていないのか一瞬分かりませんでした。

袋は有料なのですね。ゴミの削減という意味では多少有意義なのかもしれませんが、マイナスも多いですよね。

スモールビジネス

こんにちは。ほろにが☆パート従業員のMASTERです。

本日も沢山のご注文、ご来店誠にありがとうございました。

さてさて、食欲の秋到来ですね。(我が家はいつでも食欲の季節ですが・・。)

最近、目をみはるばかりの急成長のCtoCビジネス。

Consumer to Consumer個人間取引というのでしょうか。

企業が販売する商品やサービスを消費者に提供するBtoCやBtoBと言われる企業間取引に割って入ってくる勢いです。

ヤフオクのシステムの変更やメルカリ。その他食べチョクやらポケットマルシェを始めECサイトを利用した個人売買とその架け橋をするプラットホームの整備と随分と整ってきました。(未完成な部分も多いのですが)

そして何よりも強力なのが、農林水産省のコロナ禍対策の送料無料のバラマキ政策。これは莫大な税金が動いているので、この後推しは強力だ。

農家と消費者、漁師と消費者など今まで繋がりにくかったのですが、スマホや簡単なパソコンの設定で簡単に出来るようになりました。

時代は大きく変わりましたね。これから起業する人が羨ましい。というか誰でも起業できるので大変な時代とも言えるのでしょうか。

20年前に私がホームページを立ち上げる時には、レンタルサーバーを探してカートシステムをレンタルしてHTMLの勉強をして。

文字を大きくするのも太字にするもの赤線を引くのも大変な作業でした。

ホームページの作成が業者に依頼すると50万円もざらでしたので、自分で何とか立ち上げましたよ。初期のサイトをみると涙が出てきます。

個人的には予想したような時代の流れになっており、もうこの流れは止められないでしょう。

流れは読めておりますが、それに順応するビジネスとは何でしょうかね。難しい。

最低限の人手で多くの投資をせずに、BtoC BtoBにeコマースでコツコツ頑張るのがベターでしょうか。

サラリーマンも個人事業も普通の人が頑張ってもだいたい上限は年収1千万円。

コツコツ頑張って60歳で1億円の貯蓄。これ以上は必要無いよね!?

20年前から思っていて、自分なりの収入の上限を決めていたけどあながち間違って無いと思う。

これ以上稼ぎたいというならチャレンジすればと思いますが、上限を決めるとやるべきことの取捨選択が出来て話がスムーズです。天才と凡人は努力では補えない違いがあるのだ。

私の小遣いが月に1万円と言うのは、買い物(無駄遣い)をする金額を決めれば、悩む時間も少なくて済むから1万円にしております。

時代は拡大路線では無い。無駄に大きくした事業はいかに縮小するかが問われていると思っております。

どこか街中やロードサイドでお店をやらないのですか!?と聞かれる事があります。私もその可能性は何度も探った。

今では、満員電車でとなりに素敵な女性がいても痴漢をしないのですか!?と聞かれているくらいの愚問だと思っている。

リスクとリターンが全く合わない。いい思いをするかもしれないし、痛い目に会わないかもしれない。が、やって得する事はそんなに無いよね。利便性の向上ならまだしも小銭が欲しくてやるなら愚の骨頂だね。

焙煎時間

こんにちは。ほろにが☆パート従業員のMASTERです。

めっきり秋めいてきましたが皆さんお元気でしょうか?

新豆のエチオピアとコロンビアとホンジュラスを無事にリリースして、あとは「季節のブレンド・かがやき」を仕上げれば何とか落ち着きそうです。

いや。落ち着きたいのですが、ドリップバッグが全く無くなってしまったので作らなければなりません。

明日は定休日なのですが、焙煎機のオーバーホールか焙煎をして一日が終わります。

焙煎はどれくらいの時間がかかるの?とよく聞かれますが一つの焙煎で13分30秒(中深煎り)を目安に焙煎しております。

ヤカンの中の水を入れて満タンでも、半分でも13分30秒。夏でも冬でも13分30秒。この感覚は必須です。

私の焙煎の場合は、温度の上昇カーブもチェックをしますし、夏場は気温が高いので冷めるまでの時間を計算して煎りあげます。

当然、凡人とは桁違いの高度なテクニックを駆使しておりますが、気が付く人が数人位なので自己満足の人と言えるのでしょうね。

いいのです。気が付く人が気づいて、自分の満足できる仕事が出来て飯が食える。なかなか出来ません。

ちなみに13分30秒で焙煎が出来たら楽勝と思われますが、生豆の計量で1時間。1バッチ15分換算・20種焙煎で5時間。

石抜き機とハンドピックを1バッチ5分。計2時間。

焙煎所から店に持ってきて、最終的な豆のチェックにエージング用に小分けで密封します。

この作業で3時間。その他片付け掃除を行って30分。20種の焙煎の味のチェックは随時行います。

20バッチの焙煎は多い方ですが、一人で行うと12時間働きっぱなしです。

焙煎時間は1バッチ13分30秒ですが、結局は定休日に12時間以上の労働です。

休みの日にしっかり休む。これも大切ですが休んでいたら全てが間に合いません。

まだまだやらなければならない事も、やりたい事も沢山あるのですが、まずは私の仕事量を減らさないといけません。

より良いコーヒーを作る為の時間を増やすのが目的なのですが、なかなか難しいですね。時間があったらダラダラしちゃうのでしょうし。

リリース予定

こんにちは。ほろにが☆パート従業員のMASTERです。

本日もお天気の悪い中、ご来店頂きまして誠にありがとうございました。

久しぶりにコーヒーの予定でも書いてみます。

コロンビア・トリマ プラナダスは予想より早く終盤となりました。

コチラの豆は、季節のブレンド・月灯りにもメインで使用しておりましたので、こちらも想定より早く終売になりそうです。

現在販売中のコロンビア・ウイラ県のサンアグスティンは本日終売となりました。

続いてコロンビアはナリーニョ県のサマニエゴをリリース致します。

コロンビア・サマニエゴ 中煎り 深煎り

エチオピアのグジ・ウラガもそろそろリニューアルの予定です。

イルガチェフェと隣県で風味自体は似ておりますが、今回のグジは豊かなコクがありグジのポテンシャルの高さを再確認できる事が出来ました。

コスタリカもソロソロ無くなりそうです。

そんな訳で、いろいろ準備をしなければなりません。

楽しみですね!と言えるように余裕を持って準備できたらイイのですが。。。

庭仕事

こんにちは。ほろにが☆パート従業員のMASTERです。

いつのまにか朝晩は涼しくなり、金木犀の香りに心地よい風と過ごしやすい季節になってきました。

金木犀の香を楽しみながらクリスマスローズの植え替えが始まりました。

秋の庭仕事をのんびりとやって、一休みにコーヒーを飲んで。

オヤツには栗の渋皮煮を摘まんで。

ま、そんなに暢気に作業は出来ませんが、早起きして出荷作業を終わらせて庭に出るようにしております。

いやぁ、今年はコロナから始まり長い梅雨に酷暑にマスク生活と何だか息苦しい生活も4分の3終了となります。

今年から福袋をお休みしますので、一つ一つのコーヒーを大切に見極めて秘蔵の豆を随時リリースしていこうと思います。

深煎りのコロンビア/トリマ・プラナダスは2020年コロンビアの最高品質になります。

もちろん、深煎りのコロンビア・サン・アグスティンもなかなか美味しいです。

美味しいコーヒーを作るのは難しいです。そして凄く美味しいコーヒーを作る為にはコスト度外視で作らないとなかなか出来ません。

高価でもいいからすごく美味しい深煎りのコロンビアが飲んでみたいという方は、是非トリマ・プラナダスをお試しください。

全員が違いを分かる訳ではございません。殆どの人が深煎りのコロンビア/サン・アグスティンで十分楽しんで頂けると思います。

が、突き抜けた美味しさと言うのもお試しください。

季節のブレンド・月灯りは、突き抜けた美味しさのコロンビア・トリマ・プラナダスをメインで使用しております。

お値段はちょっぴり高額になりますが、なるほど!というような品質に仕上がっていると思います。

コスタリカもソロソロ新しい農園にリニューアル致します。