Photo:タンザニア・ブラックバーン農園

タンザニア・ブラックバーン農園

<生産者情報>
農園名:ブラックバーン農園
所在:アルーシャ州カラツ県オルディアニ地区
農園主:ミハエル・ゲルケン
標高:1,760-1,950m
品種:ブルボン、ケント
ドライミル:テーラーウインチ社
輸送:リーファーコンテナ
保管:国内定温倉庫

タンザニア・ブラックバーン農園ピーベリー

こんにちは。ほろにが従業員のMASTERです。

連日の猛暑で夏バテしてませんか?

さて。人気のタンザニア・ブラックバーン農園ですが、スポットでピーベリー(丸豆)に変更致しました。

コーヒー豆は通常1個の実の中に2個の種子が出来ます。しかし2個出来るはずの種子が1個しか出来ない場合があり、この種子は通常より小さく丸い形状となります。

通常の豆を『フラットビーン』(平豆)と呼ぶのに対し、これらは『ピーベリー』(丸豆)と呼ばれ、全体の収量の3ー5%しか収穫出来ずに、その希少性から珍重されています。

ピーベリーだから美味しいとは言えませんが、タンザニア・ブラックバーン農園のピーベリーはベリー系の香味が楽しめます。

中煎りも中深煎りでも美味しいので、機会があったらご紹介させていただきます。

その前に、マンデリンの新豆も入荷準備中です。17-18年新豆リントンマンデリン。もうしばらく待ちくださいませ!

タンザニア・ブラックバーン農園

こんにちは。ほろにが従業員のMASTERです。

あっという間にゴールデンウイークに突入。皆さん何連休なのでしょうかね!?

もしも、私に5日間休みがあったらどうするだろうか!?

私は遅れてしまった仕事を取り戻すために仕事ですかね。

物の整理からパソコンの整理、写真の整理に書類の整理。いろいろ綺麗に片付けしたいです。

さてさて。タンザニア・ブラックバーン農園の新穀が入荷致しました!

確か、2005年に初めから販売を開始して今年で12年となります。

人気ランキングの上位に位置し、無くてはならない商品になっております。

タンザニア・ブラックバーン農園のもっとも優れた所は、派手すぎないバランスの良い味わいにつきます。

自己主張は穏やかですが、きちんと自分のやるべきことをしっかりと熟す頼もしいコーヒーです。

弱点は一年間を通すと、端境期にやや劣化が感じられるのです。(プロがカッピングをした話ですよ。)

当然、販売を停止する事を毎年考えますが、無くなるとこれまたどうして無いのか?と問い合わせが多くなります。

もう、レギュラーメニューに無くてはならないコーヒーなのです。

その為に、何をしたのか?

定温の船(リーファーコンテナ)で日本まで運ぶ。

日本に入港してからも、定温(約17℃)の倉庫で管理。

グレインプロという穀物用の袋に詰めた後に麻袋に詰める。

30キロの小分けでのパッケージで出来るだけ定温倉庫に保存。

10年前からでは想像も出来なかったほど、流通、管理、パッケージを変えました。

2005年の時の販売価格は税込み620円。
2016年の時の販売価格は税込み620円。

豆も、為替も、工賃も、コストも、税金も上がった。味わいも年間を通して驚くほど上がった。しかし、同じ価格で販売してきました。

凄い事なんですよ!と言わないとなかなか伝わらない。言っても伝わらない事の方が多い。

2017年は680円になります。美味しさや起業努力というのはなかなか伝わらないが、値上げの伝わりは確実に消費者の心に届く。

今後も価格は国際相場で変動するでしょう。上がったら上げるし、下がったら下げる。必要ならさらにコストをかけて美味しいコーヒーを目指します。

目標は八百屋のような価格変動です。とはいっても、年末年始に足並みそろえて値上げするような業界ではありませんので、ご安心ください。

コーヒー豆屋の利益率は随分下がった。これは私の目指したものであって計画通りです。以前に比べれば儲からない商売になった。それでいいのです。

可能な事なら、多くの人がコーヒーを飲むことが特別な日では無く、生活の一部に溶け込むようになってくればと思っております。

タンザニア入荷!

こんにちは。ほろにが従業員のMASTERです。本日は洗濯日和という事なのでしょうか?

午前中は閑古鳥が鳴くような穏やかな時間でした。午後からは新規のお客様のご来店が多くあり、何だか嬉しくて嬉しくて。(嘘っぽい?でも本当。)

早めに出荷の準備をして、除草作業でもしたかったのですが、その前に新豆ブラックバーン農園のカートをアップしなければなりません。

今年も安定したバランスの良い味わいです。昨年よりも香ばしいアーモンドのようなニュアンスが強い感じです。オレンジのような柑橘系の味わいにラズベリーのニュアンス。

決して単調な味わいな訳では無く、かつ個性が強すぎない。こんなバランスの良い人間に私はなりたい。そんな人間になれたら、私はサラリーマンも出来たのだろう。

これは遺伝だ。ブラピやキムタクに成れないのと同じで仕方ない。新豆の紹介をせねばならぬのに脱線しっぱなしだな。ま、この農園は黙ってても売れるので(黙っていた方が売れる?)さらっと流しておこう。

さて。本日は、本当に新規のお客様が多くご来店いただきました。わかりにくい場所で胡散臭いオッサンが待ち構えた店とは言えないような店舗。さぞかし来店には勇気がいったでしょう。スミマセン!

東京から来店されたお客様に、どうしてウチを知ったのですか!?と聞いたら、

小山市の観光スポット30選|定番スポットから穴場までご紹介! https://kaumo.jp/topic/53174

に載っていて、すごく興味が沸いたと言うのです。

ご紹介いただくのは、非常にありがたいです。本当に本当にありがとうございます!

コーヒー豆一年分プレゼントしたい位ですが、誤解されないように言っておきますが、ウチはベスト30には絶対入りませんから!(笑)

こちらのサイトの真ん中辺に書いて頂いているのですが、もしかすると自作自演!?と疑われても仕方ない位に不釣り合いなので、先に30位には入らないと自主申告しておきます。

小売業としては、小山市で1.2位を争う店舗の狭さ。そして判りにくさ。そのくせ看板も無い。失礼な客は接客しないという我が侭さ(社長が接客します)と、取っつきにくさはトップクラスでしょう。すみません。

そんな訳でして。何だか不釣り合いな所にご紹介されましたが、自作自演では無いですよ。と、ありがとうございました。という日記でした。

誤解されないように書いておきますが、ネットで広く口コミを書いて頂きたいとは思っておりません。褒めて頂けるのは非常に嬉しいですが、書かなくても時々でも年に一度でもコーヒーを飲んで頂けたら嬉しいです!

一見さんで「ぐる○び」などの口コミサイトに評価を書きたい為に来店されて、こちらの店を書いても良いですか!?とか言われるのですが、カッピングもコーヒーの点数も付けられない素人に何の評価が出来んだよ!

通ぶって偉そうに書かれても嬉しくも何とも無くて迷惑だよ。そんなサイトで高評価されたくて店やってんじゃねえんだよ。

だいたい味の分かる人は味の分かる友達がいて、そんなのバカサイトを鵜呑みにする情弱なヤツは、はなからターゲットにしてねえんだよ!

いろんな客を見てきた俺が、お前さんの評価してやろうか!?

と、怒るお店もあるかもしれません。(私ではありませんよ。念のため。)お店の評価をするときは、愛情をもって行った方が良いと思います。皆が幸せになれるようにね!

タンザニア/マムセラ・ジュ 中煎り

こんにちは。ほろにが従業員のMASTERです。

ギフトシーズンにつき、従業員謹製のドリップバッグや水出しアイスバッグの作成に追われております。

さて。そんな内職の合間に新豆もご紹介しちゃおうと気合マッスルで焙煎してきました!

まずは、タンザニア・マムセラ ジュの中煎りです。

中煎りという事ですので、久しぶりに酸味のあるタンザニア(キリマンジャロ)です。
深煎りもございますので、煎り具合による違いなんかも比べてみると楽しいかと思います。

入荷したてのタンザニア・マムセラジュは白ワインのような軽く透明感のある心地よい飲み口でしたが、最近はラズベリーやブルーベリーや赤ワインのような赤い果実のニュアンスも出てきました。

初めての農園はどのように変化していくのか読めないのであまり多く購入しないのですが、長く付き合っていきたいと思わせるコーヒーです。

タンザニアコーヒーの面白いところは、こちらが「タンザニアコーヒー」でこちらが「キリマンジャロコーヒー」です。飲み比べてください。

と言って、同時に同じコーヒーを出しても「キリマンジャロ」と言った方が酸味があると答える方が大多数です。

(´-`).。oO(あと30年は、キリマンジャロは酸っぱいと言われるんだろうなぁ…)

Share (facebook)