タンザニア入荷!

こんにちは。ほろにが従業員のMASTERです。本日は洗濯日和という事なのでしょうか?

午前中は閑古鳥が鳴くような穏やかな時間でした。午後からは新規のお客様のご来店が多くあり、何だか嬉しくて嬉しくて。(嘘っぽい?でも本当。)

早めに出荷の準備をして、除草作業でもしたかったのですが、その前に新豆ブラックバーン農園のカートをアップしなければなりません。

今年も安定したバランスの良い味わいです。昨年よりも香ばしいアーモンドのようなニュアンスが強い感じです。オレンジのような柑橘系の味わいにラズベリーのニュアンス。

決して単調な味わいな訳では無く、かつ個性が強すぎない。こんなバランスの良い人間に私はなりたい。そんな人間になれたら、私はサラリーマンも出来たのだろう。

これは遺伝だ。ブラピやキムタクに成れないのと同じで仕方ない。新豆の紹介をせねばならぬのに脱線しっぱなしだな。ま、この農園は黙ってても売れるので(黙っていた方が売れる?)さらっと流しておこう。

さて。本日は、本当に新規のお客様が多くご来店いただきました。わかりにくい場所で胡散臭いオッサンが待ち構えた店とは言えないような店舗。さぞかし来店には勇気がいったでしょう。スミマセン!

東京から来店されたお客様に、どうしてウチを知ったのですか!?と聞いたら、

小山市の観光スポット30選|定番スポットから穴場までご紹介! https://kaumo.jp/topic/53174

に載っていて、すごく興味が沸いたと言うのです。

ご紹介いただくのは、非常にありがたいです。本当に本当にありがとうございます!

コーヒー豆一年分プレゼントしたい位ですが、誤解されないように言っておきますが、ウチはベスト30には絶対入りませんから!(笑)

こちらのサイトの真ん中辺に書いて頂いているのですが、もしかすると自作自演!?と疑われても仕方ない位に不釣り合いなので、先に30位には入らないと自主申告しておきます。

小売業としては、小山市で1.2位を争う店舗の狭さ。そして判りにくさ。そのくせ看板も無い。失礼な客は接客しないという我が侭さ(社長が接客します)と、取っつきにくさはトップクラスでしょう。すみません。

そんな訳でして。何だか不釣り合いな所にご紹介されましたが、自作自演では無いですよ。と、ありがとうございました。という日記でした。

誤解されないように書いておきますが、ネットで広く口コミを書いて頂きたいとは思っておりません。褒めて頂けるのは非常に嬉しいですが、書かなくても時々でも年に一度でもコーヒーを飲んで頂けたら嬉しいです!

一見さんで「ぐる○び」などの口コミサイトに評価を書きたい為に来店されて、こちらの店を書いても良いですか!?とか言われるのですが、カッピングもコーヒーの点数も付けられない素人に何の評価が出来んだよ!

通ぶって偉そうに書かれても嬉しくも何とも無くて迷惑だよ。そんなサイトで高評価されたくて店やってんじゃねえんだよ。

だいたい味の分かる人は味の分かる友達がいて、そんなのバカサイトを鵜呑みにする情弱なヤツは、はなからターゲットにしてねえんだよ!

いろんな客を見てきた俺が、お前さんの評価してやろうか!?

と、怒るお店もあるかもしれません。(私ではありませんよ。念のため。)お店の評価をするときは、愛情をもって行った方が良いと思います。皆が幸せになれるようにね!

タンザニア/マムセラ・ジュ 中煎り

こんにちは。ほろにが従業員のMASTERです。

ギフトシーズンにつき、従業員謹製のドリップバッグや水出しアイスバッグの作成に追われております。

さて。そんな内職の合間に新豆もご紹介しちゃおうと気合マッスルで焙煎してきました!

まずは、タンザニア・マムセラ ジュの中煎りです。

中煎りという事ですので、久しぶりに酸味のあるタンザニア(キリマンジャロ)です。
深煎りもございますので、煎り具合による違いなんかも比べてみると楽しいかと思います。

入荷したてのタンザニア・マムセラジュは白ワインのような軽く透明感のある心地よい飲み口でしたが、最近はラズベリーやブルーベリーや赤ワインのような赤い果実のニュアンスも出てきました。

初めての農園はどのように変化していくのか読めないのであまり多く購入しないのですが、長く付き合っていきたいと思わせるコーヒーです。

タンザニアコーヒーの面白いところは、こちらが「タンザニアコーヒー」でこちらが「キリマンジャロコーヒー」です。飲み比べてください。

と言って、同時に同じコーヒーを出しても「キリマンジャロ」と言った方が酸味があると答える方が大多数です。

(´-`).。oO(あと30年は、キリマンジャロは酸っぱいと言われるんだろうなぁ…)

Share (facebook) 

タンザニア販売!

こんにちは。自分に優しく他人に厳しい従業員のmasterです。

タンザニアのカート設置いたしました。

キリマンジャロ州ロンボ県マムセラ村の農家さんが栽培した豆になります。新入りの新しいエリアでチャレンジしてみました。どうぞお手柔らかにお願いいたします。

よく、お客様からおススメのコーヒーはありますか!?と聞かれます。

当店はどれもこれも83点以上はあるスペシャルティコーヒーをご準備いたしております。クオリティーの低い豆は無い(はず)です。

少なくても、カッピングが出来て美味しさを評価できる人が飲めば、クオリティーは高いコーヒーです。表現的には素晴らしいコーヒーというジャンルを揃えております。

とは言え、人それぞれお好みがあります。ラーメンで言えば、味噌が好きだったり醤油だったり、豚骨が好きだったりアッサリめが好きだったり濃厚なラーメンが好きだったりある程度皆さん好みはあると思います。

お好みでないコーヒーは美味しく感じません。

プロはクオリティーで判断しますが、一般消費者の方はお好みで飲まれるものです。

正確には「美味しい、不味い」ではなくて、「好みか好みで無い」かという表現が適切ですがね。。本来美味しい、不味いを判断できるのは訓練をうけて、能力の高い人が使う言葉ですね。

お客様の好みかをお聞きした上で、こんなのが好みじゃないですか?一度試飲で飲んでみますか?とおススメのコーヒーを探っていきます。美味しく飲んで頂きたいですからね。最高のコーヒーを提供してくれた農家さんにも喜んで頂きたいですし。

あぁ、前回購入したコスタリカは酸味がチョットね・・・。

エチオピアはちょっとコクがあってね~。チョット・・・。

カフェインレスは、やっぱりサッパリめでねチョット・・・。

どれも美味しいのよ。どれも美味しく頂いてるのだけど、敢えて私のおススメありますか??

images

山のように砂糖を入れて飲むか、薄めて飲む。美味しいコーヒーはこんな飲みかたでも美味しい。

美味しい白湯とかが良いんじゃないですか。酸っぱくないし適度なコクですし。

私も良く飲みますよ。白湯。コーヒーが美味しく感じなくなったら白湯が一番です。

その辺にある売り物にならない選考から落ちたサンプルのコーヒーなんかを淹れると、「コレ美味しい!」なんて言われるのでね。(選考から落ちると言ってもスペシャルティ規格ですよ。)

WS000084

Share (facebook) 

タンザニア

こんにちは。ほろにが従業員のMASTERです。欠品になっておりましたタンザニアの豆をリリース致しました。

カートはまだ設置しておりません。早く作れよと言われそうですが、なかなか進みません。困ったもんです。

HP誰か作ってくれないでしょうか。鉢植えに水やりだれかかけてくれないでしょうか。ラベルに便りに接客に焙煎に掃除に。段ボールのスタンプに段ボール作成にラベルの作成にラベル張り。請求書に入金確認に経理に水出し。誰かやってくれないでしょうか。

自分でやれよって事ですよね。はい。その通りです。思った通りのもいかないものですが時間を制して効率よく進めないとダメですね。

今回ご紹介予定のタンザニアは、人気のブラックバーン農園のあるアルーシャ州より東部にあるキリマンジャロ州ロンボ県マムセラ村の小農家さんの豆になります。

商品名はマセムラ・ジュ このジュ(juu)とは、「上」を意味しており、マムセラ村の上部で栽培されたコーヒーとなります。

味わいは、素直でバランスの良い味わいです。深めのローストの方がバランスが良かったので深煎りにしました。何度も味をチェックしているのですが、飲むたびに味の印象が若干変わるのでラベルやHPの味の説明文がうまくまとまりません。

疲れていると物差しの精度も落ちますし、真夜中の仕事は深夜のラブレターのように感情的になってしまったり。まぁ、思い通りにいかずに大変です。1週間くらい店を休んで準備をしたいくらいですがそんな余裕はございません。困った。

取りあえずコーヒーは良品ですし、来客のお客様には好評いただいていおりますので、何かありましたらメールかご注文時の備考欄かテレパシーで送ってください。100g@620円です。

日本では馴染みの深いキリマンジャロコーヒー。誰もが知っているコーヒーですが、トレサビリティーのしっかりととれているタンザニアのコーヒーは多くはありません。

世界的に見ても、ケニアのコーヒーのように評価される農園もあまり聞きません。あぁ、タンザニアねと軽く流してしまうプロも多くおります。

理由はいくつか考えられます。小農家での生産が多く、またイギリスの植民地の名残かオーナーがヨーロッパに定住し農園技師を雇って生産される。農園が投機の対象となり度々オーナーが変わるなど理由は多岐に渡ります。

タンザニアの経済は農業に立脚しており、GDPの半分以上を農業によってもたらされています。その中でコーヒーは主要輸出品です。

また、ケニアのトップスペシャルティの産出する二エリ地区との距離は400km余りと非常に近く、ポテンシャルを秘めた産地ではないでしょうか!?

コスタリカやペルーやホンジュラスやパナマのコーヒーのように、タンザニアも想像を遥かに超える味わいのキリマンジャロコーヒーがいつか出会えるかもしれません。ダイヤの原石が眠ってる気がしてなりません。

色んなことをチャレンジして、新たな味わいのコーヒーをお客様に喜んで頂けるように自分が真っ先に楽しみたいと思います。

Share (facebook) 

AA入荷しました!

こんにちは。ほろにが従業員のMASTERです。お盆の中日ですね!本日は来客や発送もやや少なめの一日でしたが、ドリップバッグや水出しを手土産のご注文を多く頂きました。ありがとうございます!

IMG_3444

さてさて。タンザニアのブラックバーン農園のAA規格がが入荷致しました。一週間以内にはリリースしたいと思います。

じゃぁ、今までは何だったの!?と言いますと、AB規格になります。

一般的には、AA規格の方が高級とされています。何をもって高級か?ってなりますが、粒が大きいだけですがね。

で、粒が大きい方が美味しいのか!?と言われますと、それはそれで微妙でして、、、。飲まないと美味しさは分からないのです。

はっきりと言えることは、粒が大きい方が見栄えが良いです。味わいの傾向としましては、AAのほうがABよりも透明感があって透き通った味わいがする事が多い気がします。しかし、凝縮感がなくて味がすっぽ抜けてしまう場合もあるのです。何度も言いますが、そのロットを飲んでみないと分からないです。

タンザニアは毎年複数のロットがあるのですが、2年前はABの方が美味しく感じました。昨年は透明感のある味わいのAA規格とジューシーで濃縮感のあるAB規格をブレンドして使うのがベストでした。

今年はどうなのでしょうか!?日々香味をチェックして、より良いものにブラッシュアップしていきたいと思います。コーヒーは本当に面白いです。

Share (facebook)