コロンビア/エル・カスカベル

こんにちは。ほろにが従業員のMASTERです。

コロンビア / エル・カスカベル(中煎り)
コロンビア / エル・カスカベル(深煎り)

予定通りコロンビアのHPをアップ出来ることが出来ました。

農園は、お馴染のナリーニョ県の県都パストから北に約30キロ、ブエサコ市の北東にあります。

近年までコロンビアの悪党のボスがいるようなワイルドな地区のエル・タブロン・デ・ゴメス市にございます。

今回は輸出業者と親交の深い5軒の小農家の豆で仕上げました。

名前は、El Cascabel ベルを意味するのかガラガラヘビを意味するのか、はたまたチリ(唐辛子)を意味するのか。

あの曲の原作もEl Cascabelというそうです。イントロからかっこいいですね!

続々リリース!

こんにちは。ほろにが従業員のMASTERです。大きな寒波で冷えますが皆さん風邪などひかれてませんでしょうか!?

私は福袋が終わって少々寝込みたいのですが、なかなかそうはさせてもらえそうもなく新しい豆のHP作成やら確定申告の書類を纏めてと頑張っております。

コロンビアの中煎り 安定の美味しさのエルパライソ

コロンビアの深煎り 大好きなイグナシオさんのコーヒー。福袋では、中煎り・中深煎り・深煎りとご準備致しましたので、もしかしたら福袋に入ったかもしれません。5年いや10年に1度出会えるかどうかの素晴らしいコーヒーです。

ドミニカ 中深煎り 久しぶりにお目見えです。ハリケーンなどの影響も大きくカリブ海はなかなか安定した収穫カップクオリティを保つのが難しいですが、今年は久しぶりにご紹介出来ました。

ドミニカは、季節のブレンド ショコラにも使用いたします。

グアテマラ サンタカタリーナ農園 レゼルヴァです。熟成というよりは、特級畑という意味合いです。サンタカタリーナ農園はアンティグアの中でも最も標高の高いエリアにあり、通常品と言えどもアンティグアの中でトップレベルの香味です。

このサンタカタリーナ農園の最も良いエリエの豆のみを使用し、スクリーンメッシュの厳密化やセレクトピッキングの精度も更に高めて、機材なども高額な投資もしてもらいトップオブトップスのコーヒーを目指しております。

更に美味しくする必要があるのか?すごく悩みます。当然、高くなるからです。価格と味わいのバランスは非常に難しいです。

もし良かったら、美味しい方がイイ!とか、昔のほうが良かったとか教えてください。人様のお財布事情なんて分かりはしないのでね。

「美味しければ誰でも買うよ」と皆さんは言ってくださいます。確かにそうとは思いたいです。

お米で、「10キロ1万円のお米」は美味しければ皆さん買うのか?

殆どの人が買わない(と思う)。買えないのではなくて買わないのだ。人様のお財布事情なんて分かりはしないのですが、お米はだいたい10キロ3000~5000円の間だと思う。

私にとってコーヒーは日常品です。余り高額にはしなくはないとは常に思っております。けど、美味いコーヒーは楽しい。困った。

年に数回飲む程度でしたらある程度高くても良いでしょうがね。

コロンビア・翻訳・酸味

こんにちは。ほろにが従業員のMASTERです。お待たせしました。コロンビア/ロス・アンデス農園販売開始です。

コロンビア/ロス・アンデス農園_中煎り
コロンビア/ロス・アンデス農園_深煎り
2種のローストにて販売いたしております。マイルドタイプと評されるコロンビアですが、マイルドな中にもウィラ地区の特別な気象・地理的条件が作り出す複雑で豊かな風味・多様性を感じることが出来ると思います。

さて。Googleの翻訳が随分と性能が良くなったと噂されておりますね。

海外のコーヒー屋さんのサイトでも覗いてみようかと思いましたが、本日もドリップバッグの作成と新しい季節のブレンドを作らなければなりません。

ws000158

ws000157

「酸味」と「酸っぱい」は違うのです。acidityは科学的っぽい酸のニュアンスが強いかと思いますが、コーヒーの世界ではacidityは非常に大切な美味しさの要素です。

コーヒーのプロが「酸味があるコーヒーが嫌い」なんていうなら、指さして笑われてしまいます。末代の恥です。

理由は、acidityとsourの違いが分からない事。酸の質の違いと、甘さを伴ったフルーティーな酸味なのか、渋みやエグミ、濁り感を伴った酸っぱさなのかが分からないからです。

腐った魚と新鮮な魚を区別できない魚屋だったら問題ありますよね。同じような感じです。

消費者の皆さんはお好きなコーヒーを飲むのが最も良い飲み方だとは思います。わざわざ苦手な酸味のあるコーヒーをおススメするものではございません。

しかし、お店に行って「酸味があるコーヒーが嫌い」と言うよりは、「苦みとコクがあるタイプのコーヒーが好きです」と言う方が好感がもたれると思います。

ちなみに、プロの世界では、「苦いコーヒーですね」と言うのは、非常に出来の悪いダメなコーヒーですねと言う意味です。

コーヒーは苦くてはダメなのです。微妙なニュアンス伝わるかなぁ。

日本語は難しい。英語はもっと難しい。メルマガを出さなければいけないのだが、それを社長に伝えるのは更に難しい。いろいろ難しいです。はい。

最近のお気に入りコーヒー

こんにちは。ほろにが従業員のMASTERです。本日は涼しいを通り越して朝晩は肌寒いくらいの気温でしたね。

お陰様でホットコーヒーの売れ行きが好調でした。水出しアイスコーヒーも油断しておりましたら完売してしまいました。ありがとうございました。

最近のお勧めコーヒーは通常よりもお値段が張ってしまいますが、マンデリンエチオピア。試飲の評価も良く売れ行きも好調です。

個性のあるコーヒーの代名詞のマンデリンエチオピアの中深煎り。年間を通していろんな顔を見せてくれると思いますが、この時期はチェックしないとですね。

その他では、中深煎りのコロンビア。こちらはお値段据え置きですが非常にクオリティーが高いコーヒーです。マイルドタイプのコーヒーがお好みでしたら是非こちらもチェックして頂きたいと思います。この価格でこのクオリティーは滅多に出会いえないと思います。いまが旬です。

価格抜きにしてもこのようなコーヒーに出会える楽しみがこのお仕事楽しいところです。

試飲でよくこのコロンビアを入れるのですが、大変好評頂いております。人それぞれお好みがありますので、酸味のあるコーヒーが苦手な方もチャレンジして頂きたいコーヒーです。もし、苦手でしたらごめんなさい。でもおススメです!

ご来店いただけましたら無料で試飲可能ですので是非試してみてください。やっぱりお好みに会わなくても、「何だか酸っぱいねぁ」とか禁句です(笑)

WS000113

こんな顔になります。無意識に。すみません。チャンスがありましたら深煎りでもご紹介してみたいです。

Share (facebook) 

コロンビア

こんにちは。ほろにが従業員のMASTERです。ここ数日過ごしやすい日が続いておりますが夏バテしておりませんか?

水出しアイスバッグのご注文も多く頂いておりますが、売れ行きのピークは過ぎた感じがします。やっぱり暖かいコーヒーが美味しいですよね。

お待たせいたしました。コロンビア新豆のご紹介です!人気のエルパライソ農園-中深煎りです。もう、何度もご紹介いたしておりましたが、中深煎りでの販売は初めてになります。

中煎りのコロンビアは、ウイラ県ピタリト市のモンテボニート
中深煎りコロンビアは、ウイラ県タルキ市のエルパライソ
深煎りのコロンビアは、カウカ県ティンビオ市の生産者さん

WS000116

当店でご紹介する産地ではよく聞く地名です。ウイラ、カウカ、ナリーニョにたまにトリマ。

地図でみるとこんな感じでお隣さんの県だったりします。コロンビアの南のエリアは良質なコーヒーが栽培できる産地として知られております。

誰が作っても美味しいのか!?と言われれば、そのような事はありません。多くの工程を適切に処理されなければ素晴らしいコーヒーには作り上げる事は出来ません。

「素晴らしいコーヒー」とは何なのか?いつも考えてるのです。香味の落としどころです。ご縁あってわざわざコーヒーを購入してくださったのですから、皆さんに喜んで頂けるように仕上げたいとは思うのです。

が、そろそろCrispな味わいの焙煎をしていきますかね。全ての人には伝わらないのですから。クリスプと言っても、ココクリスプのような爆発した味ではございませんよ!

WS000117

Share (facebook)