コスタリカ・ドンホセ農園 ゲイシャ種 ナチュラル

こんにちは。ほろにが☆パート従業員のMASTERです。

暑さ寒さも彼岸まで。何だかめっきりと秋めいてきましたね。

駆け込みの水出しアイスバッグの注文も沢山頂き、最終焙煎で夏にお別れをした気分です。

さて、そんなしんみりとする時間も無く、ゲイシャ種の最終章リリース開始となりました。

サンプルローストをしてイロイロ楽しませて?苦しまされて?きましたが、何とか最終章迄辿りつけました。

ほぼ予約での販売になってしまい、個数も制限させて頂いたりとご不便をお掛けいたしました。

また、高額な商品にも関わらず沢山のご注文誠にありがとうございました。

最終ゲイシャ種はコスタリカ・ドンホセ農園 ゲイシャ種 ナチュラルとなります。(ご予約者様のみ)

また、ドンホセ農園 ビジャサルチ種 100g780円も同時に販売しておりますので、この機会によろしくお願い致します。

今後もいろいろご紹介したい豆もございますが、なかなかの超高額商品ゆえにどのようにすれば良いのか迷う所です。

一般に販売させて頂いている商品もブラシュアップされてきております。

カッピングをすれば明確に違うのが分かるのですが、ドリップコーヒーでは価格程の明確な差と言うのが出しにくいという事も出てきております。

もちろんコスパ云々というもだけの物ではなく、出きるかどうかも分からないような超高地で過酷な環境の中のチャレンジという夢もあります。コスパや値段だけでは表せません。

このような挑戦を経て高品質なコーヒーが作られるようになるのです。

コーヒー栽培は品種や生産地は成熟気味であり、ここ数年は消費者にも簡単で分かりやすいという観点から発酵処理やウイスキー樽(オーク樽)等で風味を添加したコーヒーも目立ち始めました。

当店ではそのようなコーヒーを否定するつもりは毛頭ございませんが、やはり最高の地でしっかりとしたプロセスによる香味の違いをメインに提供してゆきたいと考えております。

お客様の声としましては、中米系のナチュラル精製、当店としましてはケニアの研究所で作られたSL28、エチオピアとの国境に近い南スーダン共和国のボーマ高原(ピボール行政区)を原産とする野生品種等幾つかチャレンジしたい豆もございます。

コロナ禍で豆の入港が遅れ、コンテナ不足、ブラジルの干ばつでの相場の高止まり等など問題も山積しておりますが、より魅力的なコーヒーをご紹介出来るように頑張りたいと思います。よろしくお願い致します。

コスタリカ ドンホセ農園 ゲイシャ種 ホワイトハニー

最近、喫茶店と間違えて来客が多いと書きましたが、念のためにグールル先生のサイトを見てみると喫茶店と書いてある。

5年前位から、コーヒー豆販売みたいなカテが出来上がっていてその時に書き直したのですが、何故か喫茶店のカテになっておりました。

項目の変更があったのかどうなのかは不明ですが、勝手に変わるのは勘弁してほしい。間違えて来てしまった方にも申し訳ない。

そんな訳で、コーヒー豆の販売と定休日も火・水・木曜日と修正しました。

ま、閉店しましたでも良かったのですが、わざわざお客様を積極的に減らさんでも良かろうと言う事でね。

相変わらず、お客様から3日も休みか!と言われましてね。。。

「いやぁ、怠け過ぎでスミマセン」と言って笑って謝るのですが、同じことを何度も何度も聞かれると女優さんの「別に!」の気持ちもよくわかります。(言っちゃいけないのですが)

新しい豆もリリースしなければならないのですが問題が山済みで。

ナチュラルの予定は?

マンデリンの予定は?

禁断の予定は?

いろいろ予定はあるのですが、山のような問題があり丁寧に解決しないといけません。

まずは、ゲイシャの販売が17日からなのでその準備にかからないとなりません。

今回のゲイシャは、コスタリカのドンホセ農園のホワイトハニー精製です。

ちょっと多めに入荷しましたが、残りわずかとなりました。

農園主は、もはやコーヒー業界で知らぬものは居ないファン・ラモン・アルバラード氏

新たに取得したサンホセ州レオンコルテス市と最も素晴らしいコーヒーが栽培できる産地の一つです。

ちなみに、現在販売しているコスタリカもサンホセ州レオンコルテス市の標高2,000近い超高地にあります。

最も美味しいコーヒーが栽培できる産地のコーヒー、セロ・ベルデ農園が740円と破格で販売されておりますが、如何でしょうか?

前回は同農園のビジャサルチ種をリリースしたのですが、この品種に注目した人は80歳近いお客様1人。

かなりマニアックなので誰か気が付くかなぁと思っておりましたが、まだゲイシャ種が精一杯ですよね。

もうチョット先に進む為にゲイシャ種を販売しました。次のステップもよろしくお願い致します。

最終調整と準備

こんにちは。ほろにが☆パート従業員のMASTERです。

さてさて、第二弾のゲイシャ種祭りコスタリカ・サンタテレサの最終調整に入りました。

そして第三弾のパナマ・コトワ農園の資料を集めて農園や農園主のリカルド氏の生い立ちなどを纏めております。

パナマのコーヒーはお久しぶりです。

以前販売した、パナマ・コトワ農園のグランリザーブのナチュラルは未だに問合せがあるので、印象に残っているお客様も少なからずいらっしゃいます。

当時、このナチュラルは100gで980円くらい。ゲイシャやパカマラを除いたらかなり高額な部類に入ります。

ずば抜けて美味かった。そして生豆も高かった。覚えてないけどそれなりに売れた。

え!?そんな高額な商品を昔は販売していたんだ!

と、自分で販売しておいてビックリしましたが、昔のHPを確認したので間違えないです。

当店は、高額な生豆を購入しても、その金額に見合わない味わいの場合はそれなりの金額に訂正します。

高額な生豆を仕入れても一般的な普通の価格で販売なんてざらにあります。

神経は使うし予想通りにいかないと儲からないし、高額でもやっぱり気がひける所が無い訳でも無い。

そんなリスクを追う位なら、100g3,000円で買えるなら友達の自家焙煎店で買った方がラクだったりします。

まぁ、そんな事をいうとバチが当たりますし、自分一人で楽しむのも申し訳ない。

これからもゲイシャ祭りの後も、えっ!?これ高くない!?と言うような豆をスポットで入れて行こうと思います。

その為に、まずゲイシャ位はそろそろ飲んでおいて欲しい。キホンノキの部分でもあったのです。

当然、値付けは私がしますし、自分が出してもいい価格でしか販売しない。

とは言え、コスパ重視の人は絶対におススメはしない。

高額なコーヒーは香味についても神経を使いますが、それ以外の商品の良さをお伝えするようなサイトを作ったり、説明をしたりするのに非常に労力がかかります。

今月のおすみハーンの画像は、ボコボコ出てきますが、商品の説明文はなかなか進みません。

第二弾も始まっていないのに、第三弾の予約もそこそこ埋まり始め、第四弾の紹介文も書き始めました。

六ヶ月もの長期戦はワクワク、ドキドキと楽しさも多いですが、何も無い物を作るのは大変ですね。

売れなくても悲惨ですし、売り切れでお断りするのも気がひけます。なかなか難しい。

Photo:Costa Rica/Los Cedros コスタリカ/ロス・セドロス農園

生産者:ホイネル・アルバラード氏
農園名:ロス・セドロス
所在:サン・ホセ州ペレス・セレドン市リバス、ピエドラ
標高:1,770-1,910m
品種:カトゥアイ
収穫:セレクトピッキング
精製:機械的にミューシレージを除去するウォッシュト
乾燥:テント下ベッド乾燥
ドライミル:1. 脱穀 2.粗選別 3.スクリーン選別 4.比重選別 5.電子選別 6.手選別
輸送:リーファーコンテナ
保管:国内定温倉庫

Photo:コスタリカ/ラ・ケブラダ農園

生産者:フアン・カルロス
所在: サン・ホセ州タラス市カネット・アリバ Cannet Ariva de Tarrazu
標高:1,850-1,950m
規模:2ha, 60ff
品種:カトゥアイ
収穫:セレクトピッキング
精製:発酵槽を使用した伝統的ウオッシュド精製
乾燥:棚干し天日乾燥
輸送:リーファーコンテナ
保管:国内定温倉庫