Photo:コスタリカ/ラ・ケブラダ農園

生産者:フアン・カルロス
所在: サン・ホセ州タラス市カネット・アリバ Cannet Ariva de Tarrazu
標高:1,850-1,950m
規模:2ha, 60ff
品種:カトゥアイ
収穫:セレクトピッキング
精製:発酵槽を使用した伝統的ウオッシュド精製
乾燥:棚干し天日乾燥
輸送:リーファーコンテナ
保管:国内定温倉庫

Photo:コスタリカ_ロサンゼルス農園

農地:ベンダバル
所有:カルデロン・カスティージョ家
所在:サン・ホセ州ドタ市バンデラ Bandera de Dota
標高:1,785-2,075m
品種:カトゥアイ
規模:2ha
収穫:手収穫
乾燥:コンクリートパティオ
輸送:リーファーコンテナ
保管:国内定温倉庫

ニシムクサムライ

こんにちは。ほろにが☆パート従業員のMASTERです。

9月もそうソロ終わり。9月は何日まであるのか?45年経っても覚えていない。

2.4.6.9.11が少ない日なのだそうだ。ニシムクサムライ 十一で「士」でサムライと読ませる。

覚えてしまった。45年間も覚えられなかったのに一瞬で覚えた。物事を覚えるのはほんのちょっとのコツなのだろうな。

オイラは、小学校、中学校、高校とほぼ覚えていない。

同級会とかにも参加しないのは、すげぇ親しく話しかけられても正直覚えて無いんだよね。。。申し訳ない。

お客様の名前も好みも、豆か粉の注文かも覚えられない。

出来る営業マンなら、お客様の事はすぐに覚えて神対応出来るんでしょうがね。申し訳ない。

次回リリースのコスタリカは、ロサンゼルス。紛らわしい。

ちなみに、現在リリース待ちのコロンビアの生豆は、サンフランシスコ農園である。

お馴染みのエルサルバドルはシベリア農園。

昔扱ったブラジルは、コパカバーナだった。

コパカバーナはボリビアだと思ったが、ブラジルにもあるらしい。

ちなみに、ボリビアのコパカバーナ農園のコーヒーも販売したことがある。

自分でももう覚えられないくらいの農園を使わせて頂いた。

今回ご紹介するコスタリカはロサンゼルスで「ホワイト ハニー精製」

何となく美味しそうな響きがあるであろう。

店頭先行販売になりそうですが、お楽しみにおまちください。

Photo:コロンビア/イグナシオキンテロ

地域:カウカ県インサ市ペドレガル
生産者:イグナシオ・キンテロ
農園名:エル・ペニョン&ベジャビスタ
標高:1,850m
農園面積:6.0ha
品種:カトゥーラ、コロンビア
精製:フリーウォッシュト
乾燥:パラボリック式の天日乾燥
輸送:リーファーコンテナ
パッケージ:バキュームパック(真空)
保管:国内定温倉庫

エチオピアの新豆

こんにちは。ほろにが☆パート従業員のMASTERです。

本日、タンザニアのピーベリーが終売に付き、夏モカも終売となりました。

ついでに夏のフレンチも終売で、秋のフレンチにバトンタッチしました。

エチオピアのナチュラルは新豆になりました。

今回のはロットはかなり過激で素晴らしい。ナチュラル好きは要チェックです。

と言う訳で、禁断の深煎りが復活しました。

次はエチオピアのイルガチェフェの新豆をリリース予定です。

イルガチェフェのハロハディ集落と、ゴティティウォッシングステーションの2種が入港しました。

ゴティティウォッシングステーションは昨年同様の素晴らしさ。

新たな産地のハロハディ集落は中煎り、中深煎りでリリース予定ですがこれも素晴らしい。

非常に透明感がありキラキラとしたジューシーな味わいに豊かなコク。

こんなに綺麗な味わいに豊かなコクは何処から生まれるのであろうか。

フローラル、スパイス、柑橘から熟した果実、粘性、甘みと温度帯によて多くの魅力をみせてくれます。

イルガチェフェの上位互換というか、とうとうコーヒーもこのレベルに達したかというある意味達成感する覚える位の素晴らしさ。

美味しいコーヒーに出会えた時の嬉しさや安堵感は何ものにも代え難いです。

エチオピアが美味しいと全体の味わいがアップします。やっぱり妥協は許されません。

安いイルガチェフェの生豆よりも2倍も高いのがたまに瑕ですが、これがTop of Topsという事です。

美味しさには種も仕掛けもあるものです。