インドネシア/リントンマンデリン

インドネシア/リントンマンデリンが入荷致しました。

動画は2008年の視察の際の風景です。

インドネシアは湿度が高く生豆の乾燥に不向きなため、半乾燥の時に脱殻して乾燥を促すスマトラ式精製という特殊な精製方法をとっております。

生豆が通常の色合いよりも深く濃い色の為、既存の生豆の色別センサー機で選別しても精度が悪く、多くの部分でマンパワーに頼っております。

熟練のスタッフによる徹底したハンドピックにより、雑味の無い奥深い味わいに仕上がります。

動画1分あたりに登場する4名が最終チェックをして計量に回されます。10キロづつ樹皮で編んだ籠に詰められます。

こんなに廃棄するの!?と思うくらいに徹底的に選別して、驚くほどのクオリティーに仕上げてもらっています。

この商品は18年間ずっとブラシュアップしてきた、最高峰の味わいです。

他の豆に比べて少々高額な当店のマンデリンですが、飲んで頂ければ他とは違う味わいが楽しめると思います。

この味わいこそが、コーヒー通を唸らせる本物のマンデリンです。

言っておきますが、安くてソコソコのマンデリンは他所にも沢山ありますが、この上はありませんし、この味わいこそがマンデリンですよ。是非。

Photo:インドネシア/リントンマンデリン

インドネシア/リントンマンデリン

生産者:リントン・ニフタ及びパランギナンの指定農家
所在:北スマトラ州フンムバン・ハスンドゥタン県リントン・ニフタ(一部パランギナン)
標高:1,300-1,400m
品種:ガロンガン(ティピカ系伝統品種)
乾燥:網棚にて天日乾燥
収穫:農家による手摘み
ウェットミル:スマトラ式精製
輸送:ドライコンテナ
保管:国内定温倉庫

醤油風味のコーヒー

いつもありがとうございます^ ^ 従業員のMASTERでございます。

blogツールのワードプレスにフォトギャラリーとjetpackというワードプレス最適化してくれるプラグインを入れました。

写真は詳しい情報も添えて記載したいのですが、取りあえずは写真のみです。

気になる写真ががございましたらコメントくだされば、分かる範囲でお答え致します。

もう一つのjetpackプラグインに簡易なサイト統計情報があって、よく検索されるページ(もしかしたら皆さんにも興味あるかも?)もピックアップしてみようと思います。

今回は2009年の7月12日の内容のblogを若干(リンクなど)を修正したものをシェアしようと思います。新たな手抜きと言えばそうなのだが。。

==

最近お気に入りのタンザニアのカッピングをしていたのですが、
ある瞬間ストロベリーの香りが強烈にしました。

  ふとした瞬間・・・。

ジャガイモとイチゴの香りって似ている!!

アーシー(土)っぽい匂い(ポジティブ)である。
しかし、インドネシアのようなアーシーとはちょっと違う。
タンザニアなだけに、ケニアの様な芳香に酷似している。

何なのだろう!? 「じゃがいも=イチゴ」
同じフレバープロファイルが絶対ある!

イチゴとジャガイモは同じ香りか?

しかし。今、目の前のコーヒーはイチゴとジャガイモの匂いだ。
ジャガイモと言ってもネガティブな物ではない。
ドキドキするような素晴らしい香味だ。

この文面を読んでも100人に1人位しか納得してもらえないと思うが、
「ジャガイモ=イチゴ=コーヒー=醤油」は、すべて同じ匂いが入っている。

     はず。。。。

気になって朝までネットで調べた・・・・。

「メチオナール」という成分が、コーヒーに含まれており、
さつまいもやジャガイモ、イチゴ、パイナップル、醤油にも含まれているそうだ。
やっぱりジャガイモとイチゴとコーヒーは同じ匂いを持っている。

ちなみに醤油メーカののHPを覗いてみたら、醤油の香りの成分には、
バラやヒヤシンスの花の香り、アーモンド、コーヒー、ウイスキー、
パイナップルといった香りももっているそうです。
もちろん、醤油の主要な香りの中に、バニラの香りのバニリンがあります。

はたして、皆さんはどのような香味を発見出来るでしょうか!?
今年も素晴らしいプレーバーをもつ、タンザニアで是非チェックしてみてください。
チョコレートや、マンゴー、シナモン、イチゴ、紅茶、バニラ、オレンジ等の
味がチェック出来ると思います。

ちなみにグアテマラの素晴らしいコーヒーは、
甘いバニラの様な芳香があります。
「美味しい醤油」のような甘い香りが特に強く感じられます。

その他にも適切な焙煎がされていれば、
イロイロな香味が見つかると思います。
是非、どんな香りが含まれるか探ってみてください。
味覚能力は才能と言うよりも経験と思います。

2009.07.12 記

Photo:ペルー/フェスパ農園-2

ペルー/フェスパ農園-2

生産者:ウィルダー・ガルシア
所在:カハマルカ州ハエン県ウワバル地区ウアコ
標高:1,800~2,000m
品種:ブルボン、ティピカ、カツゥーラ
収穫:完熟チェリーを選択的に手収穫
精製・ウオッシュト
乾燥・ビニールテント付の乾燥棚
輸送:リーファーコンテナ
保管:国内定温倉庫

Photo:ペルー/フェスパ農園-1

ペルー・フェスパ農園-1

« 1 2 »

生産者:ウィルダー・ガルシア
所在:カハマルカ州ハエン県ウワバル地区ウアコ
標高:1,800~2,000m
品種:ブルボン、ティピカ、カツゥーラ
収穫:完熟チェリーを選択的に手収穫
精製・ウオッシュト
乾燥・ビニールテント付の乾燥棚
輸送:リーファーコンテナ
保管:国内定温倉庫